薄汚れた社会に揉まれた大人達は映画ドラえもんを観てくれ

常に不安が付きまとう生活を送り、無為な日々を淡々と過ごし、他力本願に生きている現代社会のみなさん。お元気ですか?

 

元気ではない?

 

ならば、映画ドラえもんのび太の月面探査機」を観ましょう。

 

劇場で映画版ドラえもんを観たのは「のび太の秘密のミュージアム」以来、実に数年ぶりであった。もちろん、普段は学生生活にバイトに慌ただしい日々を送っているので、金曜日に放送されているアニメ版ドラえもんを観る暇すら持ち合わせていない。

 

しかし、今日、映画ドラえもんのび太の月面探査機」を観て、デカダンス的な生活を送り、エネルギー消費とは真逆な日々を過ごす諸君に確実に言えることがある。

 

「大切なことは全て映画ドラえもんが教えてくれる」ということだ。

 

今回の映画ドラえもんは、皆さんご存知の通り、小説家・辻村深月さんが脚本を手掛けている。また、月を題材としているだけに古典文学との関わりも深い。

 

映画ドラえもんといえば、お決まりのパターンが以下の通りである。

 

のび太の突拍子もない計画により、第二世界の存在が明らかになるor作られる→そこで問題が起き、のび太達がそれらを救うべく立ち上がる。

 

今回もそのような話であった。

 

「“友達“ということだけで助ける理由にだってなるんだよ。」

 

のび太の言葉である。

友人を救うために地球を離れるとき、ドラえもんが、

「厳しい状況になるぞ。覚悟のない人は行かないほうがいい。」

という。

 

のび太、しずかちゃん、ジャイアンは新しく出来た仲間を救うべく、すぐに月に向かう決断をする。

一方、スネ夫は月に行くか行かざるべきか悩む。

 

しかし、自らを奮い立たせ、待ち合わせ場所にやってくる。映画ドラえもんには、友情・勇気・信頼・愛情、人間が大事にすべき全ての要素が詰まっている。

 

子どもが観る映画だ、と言って侮ること無かれ。

忙しさに、地位に、名誉に。大事なものを侵され、目の前のことで精一杯になってる、社会に揉まれた大人達にこそ、映画ドラえもんを観て欲しい。

 

しそ昆布のご飯

昔から何故か貧血になることが多く、今より体重が6㌔ほど軽かった中学生時代は、しょっちゅう貧血に見舞われ、多くの人に迷惑をかけた。

特に、バスケ部の面々には迷惑かけまくった。部員9人しかいなかったのに、試験休み明けの試合では毎回、ハーフタイムになると顔色はめちゃくちゃに悪く、フラフラして、体育館の倉庫で(マット運動で使うマットをベッドに見立てて)休んでいた。

 

今日、久々に貧血に見舞われ、あわや大惨事となるところだったのだが、改めてその経緯を振り返るとアホらしく、大層馬鹿馬鹿しいので、その顛末をここに記す。

 

話は昨夜に遡る、勉強→睡眠→勉強→睡眠を繰り返していたため、翌朝6:30に起きるようアラームを設定したのにも関わらず、なかなか眠ることが出来ず、明け方に就寝した。案の定、本格的に目を覚ましたのはアラーム設定時刻の1時間後、7:30であった。

冬の朝に滅法弱く、さらに低血圧であるため心底起き上がりたくなく、「起きたくねえ~~」と声に出しながら起床した。この時点でやや遅刻気味なのだが、いつものルーティンは欠かすことなく普通に顔を洗い、歯を磨いた。

ふとリビングに行き、炊飯器に目を向けると、白米があった。

 

白米だ。

 

そう思った。すると、瞬時に「冷蔵庫の中」の映像が頭に浮かんだ。

 

そういや、しそ昆布があったな…。

 

普段、朝食を摂る人間ではないのだけれど、何故か無性に、しそ昆布をのせた白米が食べたくなった。遅刻気味なのに。

頭がどうにかしていたので、茶碗にご飯をよそい、冷蔵庫からしそ昆布を取り出して、盛り付けた。普通の常態におかれている人間ならば、座ってご飯を食べると思うのだが、何故か私は「座ってご飯を食べる余裕なんか無いな、遅刻気味だし。」と思い、台所のシンク前で、あろうことか立ってご飯を食べることにした。

遅刻気味ならご飯を食べるな、と言いたくなる。

 

そして、白米を口に入れ始めるのだが、ここで私は「よく噛んだ方が健康に良いんだよな〜」と悠長に咀嚼回数を通して健康を意識していた。しかし、もちろん遅刻気味であったので、「遅刻気味だから、咀嚼を早くしてみよう」と思って、咀嚼をすごい勢いで黙々と行った。

今考えると、本当に頭がおかしい。

 

咀嚼を黙々としていると、急に食べているはずのお米の味がしなくなった。「アレ?」と思ったのも束の間、全身から血の気が引いていき体温が下がった。「アー!この感覚知ってるぞ?!貧血だ!」と脳内でガンガンに警報が鳴り、やばいやばいと思いながら、手に持っていた茶碗をほとんど投げ出すような形で台所に置き、暗くなる視界に注意しながら自室へ戻り、ベッドに倒れ込んだ。

 

健康に気をつかって朝ごはんを食べていたくせに、効果が出る前に死んだ。もう、朝ごはんなんて食べねえ。

 

しばらく横になって休んで、起き上がってバイトに向かった。

 

遅刻した。

 

結局、遅刻もして具合も悪かった。

本当にアホすぎるので皆さんは気をつけてください。

 

徒然なる

 人生に疲れた、と言えば大袈裟だと言われるかもしれない。疲れました。みんなは毎日、何を考えて生きてるんだろう?

 ふらりと立ち寄ったコンビニのお兄さんの名前が綺麗で感動した。「お名前、綺麗ですね」って声をかけようと思ったのだけど、急に知らない人から声をかけられるのは恐怖だろうと思って、遠慮しておいた。他人という関係が邪魔をする。ちなみに名前は「遥」だった。「はるか」ってルビがふってあった、気がする。いつも、夕方から夜遅くまでシフト入ってるぽくて、髪も染めてるから多分大学生なのかなって思ってる。だとしたら、割のいい時間帯だし頑張ってお金を稼いでるのだろう。

 

そう、お金。お金が無いと何も出来ない。朽ちて死ぬだけ。本当に?

本当に。学ぶのも就職するのもなにもかもお金がいる。悲しいね。

 

毎日、いろんなことを考えていると、精神的にマズくなる。今日、久々に友達に電話かけた。誰かと連絡をとること自体、久々だった。多忙ではあるけど、「勉強をしていることが多いです」の多忙で、LINEなんて直ぐに返せるのにLINEの一言は「多忙。返信遅くなります」にしている。めんどくさいから。

 

カフカの「サンカショウ」を聴いて泣く周期がまた来た。誰かに期待されるのはキツいのに、誰かに期待されないと生きていけない。スナフキン的な自由な生活を送りたい。草を咥えて、青空を流れ行く白雲を見るんだ。「鯨みたいな雲だな」とか言いつつ。

お腹が空いたらご飯を食べて、眠たくなったら昼寝する。昼寝しすぎちゃって「寝られないな〜(笑)でも、明日も休みだし、まぁいっか!」とか言いながら夜更かしする。

社会の歯車になれるのか?なれないな。ってか、なりたいと思ってないかもしれない。いや、思ってないんだけど。

 

あー、悶々とするね。

好きな曲ダウンロードしちゃった。「水上バス」っていうの。いいよね。

掃き溜め録

私のTwitterアカウントには、あまり大きな声で言えないな、恥ずかしいなと思うツイートを載せてるクソみたいなアカウントがあって、そのアカウントを見返すとかなり精神の上がり下がりが激しく、ツッコミどころも多く見る分には楽しいので、今回は1年分の厳選ツイッポヨを載せ、振り返っていこうと思います。

 

 

野望が出来た。ビッグな女になってラバーガールを世に知らしめる(2018/12/03)

→最近はそんなに面白くないなって思ってる。

 


図書館気持ち悪いなと思いながら利用しているんだけど、気持ち悪くないですか?本が永遠に増えていくんですよ(2018/11/13)

→え、気持ち悪くない?

 


うるせえな、いちいち文字起こしにしないと理屈捏ねられねえのか(2018/11/19)

→これ、誰に対して言ってるのか全く覚えてない。

 


沖縄銘菓の「ちんすこう」本当に大好きだから、「ちんすこう」という言葉の響きを下ネタにして遊んでいる不埒な輩を見ると怒りが込み上げてくる。(2018/11/04)

→お土産に「ちんすこう」貰って喜んでいたときだね。雪塩プレーン味美味しい。

 

 


許さねえからな、地獄の底まで追い回してやる(2018/10/31)

→えー、誰に言ってるんだろう…

 

 


クソデカため息(2018/10/27)

→何があったんでしょうね…

 

 


Mr.Childrenの「youthful days」エロい歌なのに爽やかすぎてエロいこと分からん(2018/10/15)

→2番の歌い出しのことを言ってるものだと思われる。聴いてくれ。

 

 


「いつれの御時にか」って打ちすぎてPCが覚えてる。(2018/10/14)

→古代文学演習のレポート作成時だと思われる。ウチのPCは他にも「靫負の命婦」を覚えている。

 

 


元気なフジワラ「レポート進捗0!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(2018/10/14)

→古代文学演習ギリギリに進めたから…

 

 


なんや、愛って。(2018/9/29)

→普通に恥ずかしい。

 

 

 


早く死期を迎えたい(2018/9/13)

→今も変わらない思考。

 

 


私と佐々木蔵之介が熱愛報道された体でリプライください。(2018/9/12)

→友達がリプライくれました。

 

 


佐々木蔵之介は暗喩です(2018/07/25)

→なんの?

 

 


さよなら歌姫アンコールはどうする?(2018/07/17)

→歌詞ツイメンヘラ説を立証してしまう。しかもクリープハイプ

 

 


なんやその喉仏、けしからん、えっちだ(2018/07/14)

→そのあとに[Alexandros]ボーカル川上洋平について言及していたので、川上洋平の喉仏について語っているものと思われる。

 

 


変な話、言葉責めってセンス問われるくない?(2018/07/11)

乙女ゲームの声優さん達ってどういう心境で録音してるのかな。

 

 


煮え切らない女の涙みたいな雨降りやがって(2018/07/05)

→そういう雨のことを「しとしと降る」と表現する。

 

 


自分、とっとこハム太郎めちゃくちゃ見てたはずなのに、ハム太郎が「へけ!!!!」って言ってたのとか全然覚えてないんですよ、でもいいよねハム太郎??ダメなのだ!!!そんなんだからお前はダメなのだ!!!恥の多い生涯を送ってきましたって手記に書くのだ!!!!(2018/06/25)

→人は心の中にハム太郎を飼っていて、私のハム太郎は少し辛辣だった。

 

 


最近我が家に枯れた草花がいっぱいあって植物園みたいだったので、母に「枯れた草花いっぱい」って言ったら「ボタニカルって言え可愛く無いな」と人権ごと否定された(2018/06/14)

→母、総じて面白い。

 

 


わしゃわしゃされているうちに寝ちゃってこんなところで寝るなって言われたい佐々木蔵之介に(2018/06/06)

→今思うんだけど、佐々木蔵之介はこんな台詞言わない。

 

 


山田孝之のバスト測定会、当日の様子の写真見たらバスト大きい人しか写ってなくて、「所詮、貴族向けの催しか…」と思ってしまった。(2018/05/21)

→なんか胸について語ってるツイートが多かった。まぁ、庶民だもんな。

 

 


yo  yo見せんな現実

こちらは既に卑屈

そろそろ電話かけて内諾得ないと承諾

でも時間に追われる

溜まる小研究  積み重なる原文 読めない古代文 それミミズ文字か?迫る締切  出せないと腹切り  最終的には首切りᵞᵉᵃᑋᵎᵎᵎ(2018/05/18)

ヒプノシスマイクの影響でラッパーになりたかったんでしょうね。ダサい。

 

 

 


人間やめたらお金かからないじゃん大発見か?(2018/05/03)

→ポジティブネガティブが出てきたツイート。こういうのばっかり。

 

 

 


ツムラの葛根湯が道端に落ちていたんだけど、遠くから見たときコンドームかと思った(2018/04/30)

→嘘だと思うのなら「ツムラ 葛根湯」で検索してみてください。

 

 

 


バーニラバニラバーニラって音聞くとその日の運勢いい気がする(2018/02/25)

→バニラの求人広告にその日の運勢を委ねるな。

 

 

匿名の殺人

インターネットやSNSが普及して良いことも悪いことも等しくある。

私はなにか悪いことが起こった経験を持ち合わせては居ないんだけど、高二の夏に「とびだせどうぶつの森」のインターネット通信(要は知らない人と通信できる)をしていたら自称・小学一年生の女の子に「死ね!」とか「去ね!」とかチャットで言われながら、虫取り網やスコップ、斧などでガンガンに攻撃された。絶対、小学一年生じゃないじゃん……って思いながら魚釣りをしていた。

 

実際に顔を見てやり取りをするわけではないから、誰もが強くなった気がして、平気で他人を攻撃する。

簡単に取り消せないから、悪意があってもなくても、その言葉が人の目についたら終わりだ。

 

フォロワーさんがアカウントを消した。いい子だった。本当はいい子かどうか分からないけど。

ちょっと前まで、私の周りで、短歌に差別用語を比喩として用いることの是非が問われていた。比喩なんだからいいじゃん!って立場と、現在も存在する問題なんだからもっと慎重に表現を考えなくてはいけないっていう立場とで意見が分かれていた。

私は、どちらかというと後者の立場で、事態が収束するのを待っていた。

議論の場は荒れに荒れて、何日か罵詈雑言、煽りが書き込まれていた。

その子も、なんの気なしに発言したのかもしれないが、タイミングと伝え方と何もかもが悪かった。結果として、火に油を注ぐ形になってしまい、掲示板で叩かれていた。

 

もちろん、考えて、慎重に発言しなければならない場だったからこそ、その子が全く悪くないとは言わないし、擁護も否定もする気は無い。

ただ、匿名の誰かを傷つけ、匿名の誰かに傷つけられてアカウントを消した。

 

気軽に使えるものだからこそ、もっと慎重に考えなければならないはずだ。相手の顔が見えないからこそ、言葉を選ぶべきだ。

 

誰かを傷つけて、誰かを殺しているかもしれない。

駄文

今日で21の誕生日を迎える。去年は20歳だった。当たり前だが。

21歳、何もめでたくない。去年が比較対象になり盛り上がりにもかける。大学3年冬。将来が不安で21歳にめでたさを見いだせないのだ。

 

20歳から21歳にかけて、本当にいろんなことがあった。友達関係もそうだし、家族とか、大学とか。出会えて良かったな、自分の成長に繋がったなって思える人(何人かいる)も入れば、金輪際姿を見せるな、叩き潰すぞって内心思ってる人もいて、人生クソほども楽しくないけど、いろんな人がいるって点では面白い。心底呪ってやろうかと思った人もいる。そういうときは「ハゲろ!」って念じてる。

 

今日、自分は誕生日に関してめでたくないな〜って思っていたけど、いろんな人からおめでとうって言われた。1番言って欲しい人も言ってくれた。死ぬほど元気出た。やべえ、元気玉か?

1億総生産並の馬力がいま、私の中にある気がする。ないけど。

 

夢を叶えるためには、莫大なお金と時間がかかる。夢を叶えるためだから、時間がかかるのは問題ない。問題があるのはお金。

103万円内でなんとかしなくちゃいけない、最悪。なんとかなるわけねーだろ。100万欲しい。100万欲しいっていうのは「とりあえず現状を打破できる額」って意味で、もちろん100万円で満足はしない。5億は欲しい。5億円。どうにかしてくれ、日本。

 

行く先は絶対明るくないけど、でも頑張るんだ。エネルギーが欲しい。頑張らなくちゃ。

 

頑張ります。