米津玄師に一矢報いたい

最近、米津玄師の勢いが飛ぶ鳥を落としまくっている。

活動を開始した2009年以来あまたの賞にノミネートされ、初期は入賞もしくはノミネートのみに留まっていたのに、後期になると受賞しかしなくなっている。

 

ついこの間も「BOOTLEG」が第10回CDショップ大賞を受賞した。収録曲にもなっている『灰色と青』では、同じく俳優界で飛ぶ鳥を落としまくっている菅田将暉とのコラボで鳥パーティしている。

 

「灰色と青」がYouTubeで公開された初日、通知を受け取って愕然とした。

 

俺らの米津玄師が俳優とコラボした…

 

何故こんなことを思ったかというと、米津玄師は元々、ボカロPでニコニコ動画にハチ名義で動画を投稿していた。私はその頃から楽曲を聴いていたので、彼が「米津玄師」として活動をし始めたのも結構な衝撃だった。

なのにそんな彼がテレビで見ない日はないくらい有名な俳優とコラボしたのはなんとなく(正直に言うと)気が引けたのだ。

 

そもそも「米津玄師、菅田将暉とコラボ!」の字面がめちゃくちゃ強い。

 

曲を聴くまでは「米津玄師〜?菅田将暉とコラボ〜???」みたいな感じ。(菅田ファンごめんなさい)

まぁ、でも一応聴くか、みたいな感じで再生したのが間違いだった。

 

菅田将暉歌うま。米津玄師やば。え、この曲好き。

 

完全にリピートするタイプの歌だった。めっちゃアンチしていたのに完全に菅田将暉を生かし、自分にもスポットライトを当てていてもう天才のソレ。

 

知名度も急上昇し、アニメのタイアップ・ドラマの主題歌と活動範囲を広げていく。

常々思うけれど、才能がある人はめちゃくちゃ残念であってほしい。

米津玄師、作詞・作曲・絵まで手がけていて何しても勝てない。悔しい。

 

ココでタイトルに戻るのだけど、米津玄師に一矢報いたくて堪らない。

 

何故かというと、最近テレビから「LOSER」が聴こえてきた。私はiPhoneに「LOSER」をダウンロードしているのでてっきりiPhoneから流れたのかと思ったが、車のCMの曲として「LOSER」が流れていた。

 

車のCMに曲が採用されたアーティストは結構知っている。

最近では、さかいゆうの「薔薇とローズ」、Suchmosの「STAY TUNE」、ONE OK ROCKの「Take what you want」、SPYAIRの「OVER ROAD」、[ALEXANDROS]の「I Don't Believe In You」とか。

 

全部新曲なのに…なのに…米津玄師だけ「LOSER」!

去年リリースされた歌!!

米津玄師の需要が凄まじい。

 

頑張ってくれ…他のアーティスト…米津玄師に一矢報おうぜ…。

 

(米津玄師は2ndアルバム「YANKEE」がオススメです。『花に嵐』『しとど晴天大迷惑』聴いてください。)

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

ゼロの執行人

「なんか…トリプルフェイスなんでしょ?」

 

この程度の知識しかない私が『劇場版  名探偵コナン-ゼロの執行人-』を観た。

19:00~の上映で、でも映画館近くに17:30くらいに着くという稀に起こる時間の逆算のバグにより暇を持て余し、服を買ったり、本を買ったりして上映までの時間を潰した。

今思えば、あの1時間半を予習につぎ込めば良かったものをのうのうと過ごしていたのだ。なにがトリプルフェイスなんでしょ?だ。馬鹿か。もっとバーボンであり安室透であり降谷零という男について調べておくべきだったんだ。

 

公開から結構時間も経ってるのに映画館はめちゃくちゃ多くて、「これも安室透のなせる技か…」と勝手に安室透にジェラシーを感じた。

周りの友人が「あむぴ…」「だめ、私は安室の女」とかなんとか言っているのを「そんなにぃ〜?」「わろたー」とか言い、「お前も早く執行されろ」と圧力のカウンターを食らっていた。そんな日々にもうサヨナラだ。これを観ればもう「執行済」の箔がつく。ふふふ。と座席にもたれながら思った。

 

開始5分で目は点になる。

「風見…ィ!!!」

いきなり風見さんに敵意の目を向ける。ちなみにこの時点での風見さんの知識は「降谷零の部下のなんかよくTwitterでネタにされてる人」だったのだが、初っ端の風見さんは悪人過ぎた。

 

その後の私の様子を「風見」で表現すると以下のようになる。

 

私「風見ィ…!」

私「風見…ッ!!」

私「か、風見ィ…」

私「風見ッ!!!」

私「かざみぃ…」

 

分かりやすい。さすが私。これは誰がどう観ても映画のどの流れであるか把握できる。完璧だ。

 

安室透は確かにやばかった。やばたにえんの無理茶漬けだった。まず、彼は潜入捜査官に向いているのか?確かにスペック高いんだろうけど、それを上回る『目立つ人』じゃないすか。あんなドライビングテクニックを持った人います???あと、フロントガラスを拳で割る降谷零は英雄作成(Lv.10)でバフのかかったBusterゴリラじゃないか…。

そして、運転をしてる時の瞳孔開いた感じが性癖にぶっ刺さって抜けない。多分この先、運転をする時に瞳孔が開く男の人しか好きになれなくなった。降谷零の所為だ。責任をとってくれ。

あの腹チラはなんだ、けしからん。見てしまったじゃないか。私以外のところに嫁げないだろ。嫁に来なさい。

 

まったく知識無かったのに気がつけば風見さんのオカンになり、あむぴのオンナになっている。コナンくん、何故あのタイミングであの質問をしたんだ…。

 

追記:コナンくんが冒頭でするプロローグみたいなやつの「怪しい取引を目撃した!」のやつ、「怪しい取引を見るのに夢中で背後から仲間が忍び寄っていることに気付かなかった」の部分、本当に本当に工藤新一の一生の不覚すぎて泣けた。

My Hair is Badに関する考察

最近の若者がこぞって聴くというMy Hair is Bad。別名【椎木教】。椎木知仁さんを教祖とする宗教。

 

あらゆる音楽サイトや、メディアにbacknumberに次ぐ「失恋バンド」「女々しい歌詞を歌うバンド」として取り上げられており、月曜日の深夜番組で放送されたこともあり、人口に膾炙している。

 

My Hair is Bad」のボーカルである椎木知仁のTwitterめちゃくちゃ面白くてフォローしてるんだけど、本当に面白い(2回目)。

Twitterのツイートからは「失恋バンド」の「し」の字も想像出来ない。

メディアが彼らを紹介する際に使う「女々しい」という表現は少し間違いであると思う。

軽率に「女々しい」を使っている感じが否めない。

 

My Hair is Badの女々しさは雄々しさと表裏一体である。

これがbacknumberとは明確に違う。

 

1番有名な(だと思っている)曲【真赤】の歌詞を取り上げてみよう。

 

“ブラジャーのホックを外すときだけ

心の中まで分かった気がした”

 

ストップ。

はい、ここ。これ、女性には分からない歌詞。My Hair is BadMy Hair is Badたらしめる理由、女々しさの中の雄々しさの根源たるものはここにあると思う。

個人的にすごいな、と思った『接吻とフレンド』の歌詞

 

“タバコの臭いが君からしたって
ねぇ どうしてなんて聞いたりしないから

も、立場を逆にして考えることはできない。男から煙草の匂いがしたって別に気にならないけど、女の子から煙草の匂いがしたら気になるに決まってる。これは男性目線が強い。

 

如実にそれが分かるのは『悪い癖』だと思う。もうこの歌詞、心が痛い。椎木知仁は性別何なんだ?

 

“「仕事嫌なの、辞めちゃおうかなって」

別にいいんじゃない?って僕は思ってた。

「冗談、私、辞めてもやることないしね」

今なら分かる、あの日、君は”

 

ヒェ~マジで心が痛い、超絶エモい、エモすぎる。本当に椎木知仁怖い、なんなんだ、本当にあんな人が失恋ソング書いてんの怖すぎんか?

これ、女の人なら彼女が言って欲しかった一言、瞬間で分かると思うんですよ。

私たち女は言わせるプロ、察知のプロだから。鈍感とか計算だもんな。本当は知ってるもんな。分かる分かる。ヒェー椎木知仁怖いよ~

 

個人的に思ってるのはMy Hair is Badに出てくる男の子は、好きな子のためなら知らないバンドの曲も聴くし、アボカドも「美味しいね」と言いつつ一緒に食べる。基本執着依存タイプだと思う。

 

そして、女々しさの先駆バンドであるbacknumberは所感ではあるけど、男女の立場を逆にしても「あ~あるある、分かる」みたいな歌詞が多い。

これが共感できる~!と大ブレイクを果たした。

backnumberを聴くと軽く鬱になりそうなので、私は『日曜日』しか聴かないんだけど、ここでは『僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい』を取り上げる。

もう歌の名前からして男女の立場入れ替えても共感できる。

 

backnumberが男女ともに共感できる歌詞だとするならば、My Hair is Badは基本、女性には分からない歌詞が多い。野田洋次郎?あの人は狂気的すぎて話にならない。

 

あとは、椎木知仁の顔面偏差値によると思う。本当に失恋経験してるのか?みたいな顔してる。サブカル女子意中の顔。この歌詞を歌う人が、このメロディーを奏でる人が半魚人みたいな顔していたら間違いなく売れてない。

 

My Hair is Badの歌詞は本当に凄い。小説よりかはドラマみたいだ。

 

 

yonige/『アボカド』に関する考察

2017年のブレイクガールズバンドの一角を担うと言っても過言ではない『yonige』。

鼻ほじりながら「『yonige』ってさぁ、最近よく評判だけどさぁ?なんて曲がイイワケ?」ってスカして聞くと「『アボカド』をとりあえず聴きなよ、有名だから」とスマホから一切目を離さずに言われる。

 

名前から受けるインパクトが凄い上に歌詞が本当に凄い。

簡単に要約すると、「今幸せそうに生活している元カレと別れるときにアボカド投げつけたの。でもまだ私は未練があるよ」みたいな歌。

どこも何一つ共の感するところが無い。

しかし、そもそもなんでアボカドなんだ?みたいな疑問を抱くので今回は表題「yonige/『アボカド』に関する考察」をしていこうと思う。

あくまでも個人的な意見なので薄目で読んでください。

 

【アボカドから受けるイメージ】

アボカド食べたことありますか?

アボカドはクスノキ科ワニナシ属の常緑高木のことであり、またその果実の事を指す(Wikipediaより)。

 

確か「森のバター」って呼ばれていたような気がするんだけど、栄養価のサイト見たらアボカドめちゃくちゃ栄養価高くて吃驚した。

ただ、何回か食べたことあるけど食感含め味もそんなに美味しくないと正直思った。

 

「アボカド」って女の子が食べてるイメージありませんか?

「アボカドは美容に良いんだよお」と言いながらSUBWAYのエビアボカドサンド食べる友人を何人も知っています。あと、LUSHとかにもアボカドを使った商品あるし、食べて美!塗って美!美美美!みたいなイメージ。

アボカドの名称を聞くと、「女性」が連想されるのではないでしょうか。

 

多分yonigeの『アボカド』に出てくる女の子も、美容目的で「正直、美味しくないなぁ」とぼんやり思いつつ我慢して食べていたと思うんです。

彼氏いる女の子が美容系頑張るの8割が彼氏の為だからね。不味いアボカドを我慢して食べているのも、サラダにしたり、エビと食べたり創意工夫するのも全ては、そう、彼氏の為。

 

そんなアボカドを彼氏に投げつけるなんて正気の沙汰じゃない。「浮気」だとか「些細な口論の末」だとか、『アボカド』内の歌詞に明確な理由表記はないけれど、未来の自分への投資として買っていたアボカドを投げる=匙を投げる、という行為に匹敵すると思うんです。

もしかしたら、アボカドを投げるという感情的行動を起こすことによって、彼氏が「慰める・謝る」などの何らかの行動をしてくれるかも、と期待をしたかもしれない。

けど彼氏が、アボカドを投げつけられて、取った行動は「アボカドを潰す」だった。

彼氏、アボカド投げつけられてマジギレしてる。アボカドって潰せるっけ…?みたいな疑問が抱く。アボカド調理経験者の人達、みんな口を揃えて「切るのが大変」って言わないですか?

それを潰してグチャグチャになったアボカドが歌詞の中に登場するなんて地獄。話し合いは決裂。泣き崩れる彼女。出ていく彼氏。転がるアボカド。

救いが無さすぎる。

お金も手間も暇も全てアボカドにかけていたのに、彼氏がグチャグチャにしてサヨナラバイバイ。

そりゃもうバリバリバーーーンだ。

 

yonigeがアボカドを投げつける歌『アボカド』を世間に登場させたことにより、「なぜ、アボカドなんだ?」という疑問が世間に投げかけられたわけだけど、ガールズバンド、男女関係の歌ってところを見ると、缶チューハイとかよりも、アボカドがやはりしっくりと来るなぁと思う。

 

投げるのはアボカドじゃないとあの曲は売れなかった

、と思う。

3度目のペニーワイズ

去年の秋から冬にかけて公開されていたスティーヴン・キング原作の『IT-それが見えたら終わり-』を劇場で1回、友人にBluRayを借り2回(英語音声/日本語字幕・日本語音声/英語字幕)観た。

ちなみに、日本語吹き替え版だと子供たちの声が余計に幼く感じた。声が高くて、可愛い。ペニーワイズの声も超巫山戯てて、怖さがマイルド化する。

英語字幕だと随所で音楽が流れてることを教えてくれる。洋画が如何にサウンドを大事にしているかが垣間見れる。

 

映画のプロフェッショナルでも、演劇のプロフェッショナルでも、ましてや原作を読み込んでいるわけでもなんでもないので「ここの演出が~」「ここの台詞が〜」とか偉そうなことを言えるわけではないのだけれど、三度観た者としてやっぱりここが気になる!っていうのは言わせてほしい。

 

それじゃチェケラ!

 

①やっぱり集団リンチ

以前、tumblrにも投稿したけどペニーワイズが鉄パイプやバットでフルボッコにされるようにしか見えず、3度目はペニーワイズに同情すらした。6人くらいいる子どもたちが口々に「kill it!(殺せ!)」「kill it!(殺せ!)」って叫んでいて完全に集団リンチのそれ。ペニーワイズも最後らへんは困っていた。

 

②ビル×リッチー

引かれるの覚悟で言うけど、ビル(主人公)とリッチー(お調子者)デキてるでしょ…。「IT(それ)」の棲み家である井戸の家に最初に行った時、リッチーが手にしたお尋ね者(Missing)の紙に自分の名前が書いてあるのを確認し、「my name!my face!my hair!」(こんな感じだった気がするが壊滅的に記憶力ないので許してください)と取り乱すシーン。

この時にビルが「落ち着けリッチー!こっちを見ろ!」とリッチーを落ち着かせる場面、普通にキュンとする。

拳と拳の殴り合いもしたし、デキてる。

 

③未公開シーン

1度、ルーザーズクラブのメンバーが方向性の違いからバラバラになるシーンがあるんだけど、空白の時間にスタンリーは教会で朗読をする。これが未公開シーンだと結構長めの演説をするんだけど、なんでカットされたんだろう。

「最後に助けてくれるのは友達」みたいなニュアンスの演説だったと思うんだけど。

それだけ!

 

④ペニーワイズ絶対ミスったろ

子どもたちの恐怖と肉体を食べるペニーワイズ。最後の決戦でべバリーを食べることが出来なかったのはべバリーが恐れる心を持っていなかったから、というのは理解出来るんだけど、絶対それ以前にもタイミングあったでしょ。

ビルの家の地下室でも本気を出せば階段を駆け上がるビルに追いつけた筈だし、エディーにも逃げられずに済んだ筈。勿体ぶってチョロチョロしているから初手でキメられなかったんだ。

次、頑張れ!

 

⑤最後のシーンⅠ

最後、27年後にまたペニーワイズが現れたら再集結しよう、とビルがルーザーズクラブの面々と誓をたてるシーン。

すぐ近くに落ちていたガラス瓶の破片で掌に傷をつけ誓いを立てていたんだけど、「なにもそこまでせんでも…」みたいなメンバーの顔が面白い。多分これは私の感情が映画に反映されているだけだけど、マイクがめちゃくちゃ痛そうだった。

 

⑥最後のシーンⅡ

明朝にポートランドへ旅立つべバリーとビルのお別れのシーン。

主人公ビル役のジェイデンリーバハーくん撮影当時12歳(?)ってヤバないか?

 

語彙も記憶もガバガバだけど、3度鑑賞楽しかった。まとまりなくてごめんなさい。

 

 

Q.オススメの本を教えて

友人から『なんか暇つぶしになる面白い本ない?ジャンルはなんでもいいので』というLINEが来た。

ジャンルを問わない読書体験、なかなかに高難易度クエストの香りがプンプンするが、こういう時に全く外さない本は存在する。

 

①『さくら日和』/さくらももこ(集英社文庫)

 かの有名な日曜日のアニメ「ちびまる子ちゃん」の漫画の作者であるさくらももこさんのエッセイだ。

さくらももこさんはエッセイを数冊書いているが、どれもこれも面白い。中学生のときに朝読書用の本として選び、みんなが黙って本を読んでいる中、声を出さないように肩をめちゃくちゃに震わせ5分間ないしは10分間もの間、笑っていた。外や人前で読むと死ぬ。

 

『さくら日和』に収録されている「おめでとう新福さん」という話は特に面白い。兼ねてよりお世話になっている新福さんをお祝いすべく、さくらももこプロダクションの方々が莫大な資金と時間を浪費して「大人のお楽しみ会」を開く話だ。当時の台本なども話の中に組み込まれており本当に面白い。こういう大人になれたらいいなー!と頬を綻ばせながら思う。

 

②『風と共にゆとりぬ』/朝井リョウ(文藝春秋)

桐島、部活やめるってよ」や「何者」が実写映画化されたことでも有名な「ゆとり世代」出身の朝井リョウさんだ。やはり、ここでも朝井リョウさんのエッセイを推す。

『風と共にゆとりぬ』の前に『時をかけるゆとり』というエッセイも出していて、それも抜群に面白く、高校時代の私のお腹を何度も捩らせたのだが、去年刊行されたばかりの最新作『風と共にゆとりぬ』はもう本当に最高だった。

 

特に『対決!レンタル彼氏』の話が好きなのだが…えっ!?検索したら読めるんですけど?!『対決!レンタル彼氏』無料で読めるんですけど?!

というわけでURLを貼っておく。

この話は「レンタル業界」へ殴り込みをしたい作者・朝井リョウさん(前作でも美容室でSEになりきっていた)が知り合いの女性とレンタル彼氏を呼び出し、3人で化かし合いをする話である。さながらカイジのような心理戦が手に汗握る展開を呼ぶ。

是非、読んで欲しい。

 

発売前先読み!『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ――「対決! レンタル彼氏」(1) #風と共にゆとりぬ http://bunshun.jp/articles/-/2471

 

③『満願』/米澤穂信(新潮社)

最後は米澤穂信さんの『満願』である。先に紹介した二作品はエッセイでとにかく笑い転げるような読書体験ができるのだが、今回はミステリーである。

ミステリーとは言っても、長編小説ではなく短編小説の形をとっているので比較的読みやいのではないかと思う。同作者の作品として、『儚い羊たちの祝宴』という短編ミステリ小説もあるのだが、今回はこちらの『満願』を紹介する。

 

何人か、大学の友人や縁あって親交のある友人が『満願』を読んでいたのでちょっとした話しの種になるのだが、みんな口を揃えて「『関守』という話が怖かった。」という。なるほど、確かにあの話も怖かった。

米澤穂信さんの短編ミステリーの特徴として、最後の場面により物語の印象が変わるというものが挙げられる。あとは、暗くダークな世界を描くので読後のドキドキ感や恐怖感が凄い残る。「イヤミス(嫌なミステリー)」と呼ばれるものに近い。っていうかイヤミスである。

 

『関守』という話も確かに怖いのだが、私的には美しい母と姉妹を描いた家族の物語である『柘榴』が怖かった。読後に「やられた……!!!」と思った。

 

『満願』をもし、「面白そうだ」と思い貴方が読んでくれたなら、どの話が心に負荷をかけてきたか教えて欲しい。

 

以上、3冊はジャンルを問わずオススメできる。もし、気になるなら手に取ってください。絶対に読んで損はしないと思う。