そこんとこ。

自分の見解で喋ります。聞きたいことあれば聞いてみてください。

ゼロの執行人

「なんか…トリプルフェイスなんでしょ?」

 

この程度の知識しかない私が『劇場版  名探偵コナン-ゼロの執行人-』を観た。

19:00~の上映で、でも映画館近くに17:30くらいに着くという稀に起こる時間の逆算のバグにより暇を持て余し、服を買ったり、本を買ったりして上映までの時間を潰した。

今思えば、あの1時間半を予習につぎ込めば良かったものをのうのうと過ごしていたのだ。なにがトリプルフェイスなんでしょ?だ。馬鹿か。もっとバーボンであり安室透であり降谷零という男について調べておくべきだったんだ。

 

公開から結構時間も経ってるのに映画館はめちゃくちゃ多くて、「これも安室透のなせる技か…」と勝手に安室透にジェラシーを感じた。

周りの友人が「あむぴ…」「だめ、私は安室の女」とかなんとか言っているのを「そんなにぃ〜?」「わろたー」とか言い、「お前も早く執行されろ」と圧力のカウンターを食らっていた。そんな日々にもうサヨナラだ。これを観ればもう「執行済」の箔がつく。ふふふ。と座席にもたれながら思った。

 

開始5分で目は点になる。

「風見…ィ!!!」

いきなり風見さんに敵意の目を向ける。ちなみにこの時点での風見さんの知識は「降谷零の部下のなんかよくTwitterでネタにされてる人」だったのだが、初っ端の風見さんは悪人過ぎた。

 

その後の私の様子を「風見」で表現すると以下のようになる。

 

私「風見ィ…!」

私「風見…ッ!!」

私「か、風見ィ…」

私「風見ッ!!!」

私「かざみぃ…」

 

分かりやすい。さすが私。これは誰がどう観ても映画のどの流れであるか把握できる。完璧だ。

 

安室透は確かにやばかった。やばたにえんの無理茶漬けだった。まず、彼は潜入捜査官に向いているのか?確かにスペック高いんだろうけど、それを上回る『目立つ人』じゃないすか。あんなドライビングテクニックを持った人います???あと、フロントガラスを拳で割る降谷零は英雄作成(Lv.10)でバフのかかったBusterゴリラじゃないか…。

そして、運転をしてる時の瞳孔開いた感じが性癖にぶっ刺さって抜けない。多分この先、運転をする時に瞳孔が開く男の人しか好きになれなくなった。降谷零の所為だ。責任をとってくれ。

あの腹チラはなんだ、けしからん。見てしまったじゃないか。私以外のところに嫁げないだろ。嫁に来なさい。

 

まったく知識無かったのに気がつけば風見さんのオカンになり、あむぴのオンナになっている。コナンくん、何故あのタイミングであの質問をしたんだ…。

 

追記:コナンくんが冒頭でするプロローグみたいなやつの「怪しい取引を目撃した!」のやつ、「怪しい取引を見るのに夢中で背後から仲間が忍び寄っていることに気付かなかった」の部分、本当に本当に工藤新一の一生の不覚すぎて泣けた。